コロナ関連

コロナ関連

タイのコロナ後のビジネス展望

観光立国と言われるタイはコロナ禍の影響は甚大です。タイのGDPの20%は観光収入と言われそのほとんどは外国人観光客からの収入です。2020年からタイでは厳しい規制を敷いてコロナの国内蔓延を防いできましたが2021年終盤には徐々に緩和...
コロナ関連

観光業界を盛り上げるために現在タイで行っていること

タイはGDPの約2割が観光収入と言う高い比率を占めて、そのほとんどが外国人観光客からの収入で成り立っています。 コロナ禍によって一時は入国規制を行い、外国からの渡航者は入国後14日間の隔離措置を行ってきました。そのためタイに訪れる外国人は...
コロナ関連

コロナ禍の中でタイでの行方不明者の捜索

世界中に蔓延したコロナウイルスの影響でどの国も明るい話題がなくなりました。 多くの企業では収益も悪化して人員削減や、給与カットなど厳しい環境になっています。 日本人のタイ駐在者も同様で、これまで日本には自由に往来できましたが、入国制...
コロナ関連

2022年には観光でタイに行けるか

タイでは2021年7月1日から「プーケットサンドボックス」と名付けた外国人観光客の誘致を始めました。これまではタイ入国者は15日間のホテルの室内での隔離が義務付けられていましたが、プーケットサンドボックスでは14日観は他の県への移動...
コロナ関連

タイ人から見たタイ政府のコロナ対策に対して思うこと

タイ人から見たタイ政府のコロナ対策については、昨年と今年では政府への評価が大きく異なります。昨年はタイ国内にわずかにコロナ感染者が発生した時には、外国からの入国制限や夜間外出禁止、飲食店や商業施設などの営業制限などで新規感染者をほとんど抑え...
コロナ関連

タイのコロナ禍の医療機関の状況

2021年の9月に入り、タイのコロナ感染者は減少傾向にありますが、7月から感染者の増加が進み、8月には連日2万人を超える感染者が発生したため、タイの医療体制は危機的な状況になりました。どの病院も病室はすでに満床で、駐車場に簡易ベッド...
コロナ関連

コロナ禍のタイの経済事情

長らく続くコロナ禍でタイの経済事情はひっ迫しています。その要因は観光立国のタイは国の収入の約20%が外国人旅行者からの観光収入と言われます。コロナ禍の中でインバウンドによる収入がほとんどなくなり、これまで外国人旅行者が主な顧客であったマーケ...
コロナ関連

2021年タイのコロナワクチン接種状況

タイのコロナワクチン接種は2021年3月から開始して、6月に入り接種率が加速しています。6月末現在で2回目接種を含めて980万回分接種しており人口6,600万人の約15%の接種率です。この数字は諸外国と比較しても高くなく12月までに...
コロナ関連

コロナ後のタイ観光産業の見通し

タイの観光産業はGDPの約20%を占めて、主要産業の一つと言えます。コロナ禍以前は年間4,000万人ほどの観光客がタイを訪れていましたが、2020年は4月から9月まではか観光客数がゼロとなり、若干の入国規制緩和により10月以降は一ヶ...
コロナ関連

コロナ後のタイ経済の見通し

世界的なコロナウイルスの感染は2021年も収まりを見せず、タイにおいては2020年までの累計感染者数は6,000人ほどで諸外国と比べても抑え込みに成功している国と言われていましたが、2020年の12月にクラスター感染が起こり、その後終息した...
タイトルとURLをコピーしました