タイの日常

タイの日常

老後、タイで暮らすのはアリ?

タイは、老後海外で暮らしてみたい国でマレーシアに次ぐ人気の国です。温暖な気候と物価の安さ、そしてリタイアメントビザの制度がある国では比較的基準が緩く暮らしやすいのが理由です。タイのリタイアメントビザの条件は、タイの銀行に80万タイバ...
タイの日常

タイのコロナ関連の医療事情

タイは2020年にはコロナ感染者の抑え込みに成功した国の一つでしたが、2021年に入り感染が急拡大しました。4月頃は1日当たり100人台の感染者が6月には6千人台、70月は連日1万を超える感染者数になっています。タイはワクチン接種で...
タイの日常

タイでの日本文化の評判

タイでの日本文化の評判をご紹介する前にタイ人が日本人に関する評判ですが、プライベートの面では日本人を悪く言うタイ人はあまりいません。これは日本人が感情をあまり表に出さずに相手の気持ちを考えることができるのが大きな理由です。タイ人は感...
タイの日常

タイ人には言ってはいけない言葉

タイは微笑みの国といわれ、親しみやすい国民性が人気といわれていますが、それは表面上だけで本質的には非常に短気でプライドが高い国民です。そのプライドというのはこれまでの経験や実績から積み上げて来た実力での自信ではありません。実力はない...
タイの日常

コロナ禍でタイのオリンピックへの関心

世界的に蔓延しているコロナ禍の中で開催されるオリンピックですが、各国の反応もさまざまです。オリンピックの興味といえば自国の選手の活躍する競技に人気が集まるのは当然のことで、中でもその国で人気のスポーツであればなおさら盛り上がります。では、タ...
コロナ関連

コロナ後のタイ経済の見通し

世界的なコロナウイルスの感染は2021年も収まりを見せず、タイにおいては2020年までの累計感染者数は6,000人ほどで諸外国と比べても抑え込みに成功している国と言われていましたが、2020年の12月にクラスター感染が起こり、その後終息した...
タイの日常

タイがいま、移住先として注目されている理由

旅行先として日本人を含め、世界中の人から人気があるタイですが、タイには日本人が7万人以上住んでおり、外国の中で在留邦人数が4番目に多い国で、その多くはバンコクに住んでおり、民間企業関係者及びその家族が70%以上を占めてます。また、タイは基本...
タイの日常

タイのソンクラン祭りとは

タイは日本で言うお正月は4月13日から15日のソンクランになり、ここから新年を迎えます。この時期は一般の企業は休みに入り、バンコクなど都会で働くたくさんのタイ人は故郷に向かいます。もともとソンクランとは純粋に新年のお祝いで、家族一同...
タイの日常

コロナ禍におけるタイの観光地の現状

観光立国と言われるタイでは、外国人の観光収入が他の国と比べての大変高い比重を占めています。すべての都市が同じわけではありませんが、観光収入を主として他に産業のない都市では打撃の大きさは想像以上に大きくなっています。 タイの観光地収...
タイの日常

コロナ渦におけるタイの外国人観光客受け入れ状況

タイは2020年の4月からコロナ禍の影響で外国人の入国を制限して、その後は徐々に緩和されてきていますが未だに厳しい規制を強いています。この影響はタイに在住する外国人だけでなく外国人観光客も入国ができなくなることで、タイの主要産業である観光業...
タイトルとURLをコピーしました